トップページ教育原理ペスタロッチ/エレン・ケイ

教育原理


ペスタロッチ

 スイスの教育家。ルソーの思想を継承した。

 自発性の原理、実物教授、調和的発達の原則を主張。

 貧児教育に従事し「生活が陶冶する」などの立場で生活教育を提唱した。

 母性を主とした家庭的な教育を重んじた。

 著書に「隠者の夕暮」「ゲルトルートはいかにその子らを教えるか」

「幼児教育の書簡」などがある

エレン・ケイ

 20世紀初頭の新教育運動の発端となったスウェーデンの女性評論家。

 著書 「児童の世紀」において

 詰め込み主義の学校教育を批判し子供の権利擁護の運動へと発展させる。

 新ルソー主義の立場に立って、自然主義的な教育観を展開し、

 家庭教育や婦人問題に多くの業績を残した。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔