トップページ保育原理オーエン

保育原理


○イギリス人。1816年、工場内保育所(性格形成新学院)を設立。

 産業革命の最中、家庭崩壊などにより犠牲になった子どもたちの

 生活は退廃した。子ども達への深い人間愛と、人道主義の立場から

 オーエンは自分の経営するニューラナークの紡績工場に

 「性格形成学院」を開設し、学院の第一段階にあたる

 「幼児学校」で1歳から5歳までの幼児を教育した。

 この施設がイギリスの「幼児学校運動」の口火となり

 イギリス全土に普及した。

 彼はよき性格はよき環境の中で形成されるという「環境教育論」を

 主張した。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔