トップページ小児栄養母乳栄養

小児栄養


○母乳栄養の意義としては、
 
 \戸的である 感染に対しての抵抗力がある 情緒の安定

 などがあげられ最も自然な栄養法である。

 初乳とは分娩後数日間に分泌される母乳のことであり、免疫グロブリン、

 細菌に対する抗体や殺菌作用、また乳児の胎便の排出をうながす作用も

 ある。

 母乳栄養は人工栄養に比べて病気にかかりにくく消化不良も起こしにくい。

 母親と乳児のスキンシップが保たれるなど母子間にはよい影響が与えられる。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔