トップページ小児保健乳幼児健康診査

小児保健


○市町村が実施主体となって行う。主に3〜6ケ月児を対象とする。

 首すわりや目でものを追うか、おすわりや人見知りなどの確認、

 発達状態は順調か、先天性股関節脱臼症の有無などをチエックする。

 また育児不安の有無や虐待の防止等について専門医による健康診査や

 相談を行う。

1歳6ケ月検診

 発育、発達の標識が容易に得られるようになる1歳6ケ月の時点で

 健康診査を行う。ひとりあるきや言葉などの発達、歯の検査や

 育児不安の相談など。

3歳児検診

 幼児期のうちで身体発育および精神発達の面から特にこの時期が重要で

 あるとして実施する。

 また歯科健康診査や視覚、聴覚の診査、う歯予防や育児相談なども

 行っている。

 
 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔