トップページ発達心理学幼児の人格

発達心理学

○マターナルデプリペーション

 なんらかの事情により母親と離れる事になった母子分離によって

 母親の情緒的、社会的、感覚的刺激が子どもに十分与えられない
 
 状態により発達障害などが生じること。

○ホスピタリズム

 施設病ともいう。一般家庭から離れ、施設や病院などで育った子どもに

 しばしば起こり、子ども個人個人への世話や働きかけが少ないという

 心理的要因により心身の発達障害などが見られること。

○エディプスコンプレックス

 4〜6歳の男児が母親に対して性愛的な感情などを抱き、父親に対して

 反発や敵対心を持つ。また父親にからの罰をおそれて不安を感じ、

 同一視などが始まること。



   


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔