トップページ発達心理学幼児の思考

発達心理学

幼児のもつ自己中心的考え方

アニミズム 
 
 生物や無生物にも生命があるというように全てのものが生きて言葉や

 感情、意識などを持っていると考えること。

 「ぬいぐるみが笑っている」「汽車がゴッツンして痛い」 など。

実念論

 自分が考えてものなどが全て現実に存在するものであると考えること。

人口論

 自然の現象や事物は全て人間が作ったものであると考えること。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔