トップページ発達心理学身体の発達

発達心理学

○身体の状態

 出生時は身長は男女とも約50センチ、体重は約3kg、
 
 脳の重量は約350gとされる。
 
 1年後には体重が約3倍、身長は約1.5倍、脳の重量は2倍となる。

 新生児では約4頭身であり身長に対して頭部が大きい。

○歯の発達

 個人差はあるが生後半年を過ぎると歯が生えてくる。

 1歳で平均6本生え、3歳までに乳歯が20本生えてくる。

 永久歯は合計32本である。

○発達曲線

 スキャモンは身体各部の発達が一定ではないことを発達曲線によって

 指摘している。身体諸器を4つにわけて示している。

 [崘彪拭´⊃牲亰拭´0貳矛拭´だ舷7
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔