トップページ社会福祉第二種社会福祉事業

社会福祉

経営主体は国、地方公共団体、社会福祉法人に限られる。その他のものが

経営しようとする場合は都道府県知事の許可が必要である。

公共性の高い事業でその対象が社会的弱者であるためにその人格の尊厳に

重大な関係のある事業をさす。

 救護施設、更正施設、宿泊提供施設、

 乳児院、母子生活支援施設、知的障害児施設、重症心身障害児施設、

 知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、

 情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、

 養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、経費老人ホーム

 身体障害者更正施設、身体障害者療護施設、身体障害者福祉ホーム

 身体障害者授産施設

 知的障害者更正施設、知的障害者授産施設、知的障害者福祉ホーム

 知的障害者通勤寮

 婦人保護施設、助葬施設、公益質屋、共同募金  など
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔